デキちゃうけど、ナカでもいいよね

「あー、すげぇ……どうしても感じやすいねー。オレ、甘い子好物ー。黒髪もいいよねー」それほどいって奥様校生の、由菜の胸を口で吸い、髪をさわさわと触れる少年。互いにため息も荒くなり、やがて何が起こるかと思うと由菜は人体が震えてくる。
「あん時は自分挿れらんなくて、すげーくやくてさー。あー、うれしー」
そんなにいって少年はボトムスとズボンを卸し、でかくなった肉棒を恋人のアソコへと充てがう。
「ゆーっくり挿れるね。あ、由菜君。ほら、鏡に映ってるよ。色々突きまくって、もとまではめ込みるよーにしたげるね」
「うぅ……」
――どうして。どうしてこんなことになってるんだろう。女児は尻込みした。ここで恋人に巡り合うはずがないのに。なぜ。
長時間も前の定義。由菜は主人のタケシの住まいに遊戯に来ていた。探究訳だが、付き合い始めたばかりのカップル。自然に見つめ合い、キスしていた。
「うわ、オレ、初ちゅーやばい。仰山やわらかい。まずい……でも、由菜きちんとチューまじうれしー」
嬉しそうな音声を褒めちぎるタケシ。しかし、
『おいこらー。タケシー。おめー、空手の親仁からTELきてんぞ。サボってんじゃねーぞー』
突如入ってきた少年。タケシの兄です。恋人に言われてイソイソと広間を後にするタケシ。
『あ――へえ。お前……あんときの?心底?』
由菜は戦慄を覚える。それほど、恋人は先日由菜を犯した、レイ付き犯だったからです。
文献作品はダディー向け品物。
レイ○された過去を持つJKが主人の住まいに行って、いちゃいちゃしてたら主人の兄と初対面。でもその男子は元々恋人を犯した男子で、主人がいない傲りにまた恋人を犯しちゃう~というお伝えですね。
非常にシンプルで、でも背徳的で情緒の起こる品物だ。それほど、文献作品は鬼畜要素が強い品物の割合は何処か気分があるんですよ。だいたい作者様の描き側によるものだと思いますが、凄い女児アニメにほど近い流れだ。なので家の中で両人がキスしたり、トラウマを思い出すシーンなどなど、あらゆるところでこうした気分を見える事が出来るかと思います。
……と、あんな細かい面より、エロいから好ましい!これが大事ですね。ダディー向けアダルトで断然大事なのはどれだけスケベいかという面。由菜君はそれほどまったく成熟した奥さんとは言えないJK。
でも黒髪ロングな上、清楚で地味な本質。それに加えて主人もちな上、けど恋人との間柄はキス階級。そういう恋人を犯しちゃうお兄さん。しかも中でもたらすという鬼畜っぷり。
最高に高に生まれ変われる鬼畜品物がココに!
善悪一度、モデルを読んでみてください!後悔しない質だ!
フルーツ青汁